患者さんを家族のように愛する。いい医療をより多くの患者さんへ。奈良県生駒郡三郷町に位置する県立総合病院です。

泌尿器科

泌尿器科

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
一診 大山
(午前・午後)
橋村
(午前)
田中
(午前)
橋村
(午前・午後)
大山
(午前)
二診 大山
(予約のみ)
橋村
(予約のみ)
検査 特殊レントゲン 特殊レントゲン
手術 午後 終日 午後
外来受付:午前8時30分~午前11時00分まで

患者さんへ

予約の方は30分単位の時間予約制としていますが諸々の事情で待ち時間が長くなる
ことがあり、大変ご迷惑をおかけしております。また初診の方は予約患者さん優先となる
ためさらに待ち時間が長くなることがありますが、どうぞご了承下さい。

このような症状の方へ

このような症状があれば受診をお勧めします。

おしっこの調子が悪い

 若くても高齢でも、おしっこの調子が悪いと日常生活に支障を来たします。日常生活に不安があれば、年のせいと考えず、専門医に相談してください。
・おしっこが出ない尿量の減少;膀胱に尿がたまっていない(無尿)、膀胱に尿が溜まっているが出ない(尿閉)
・おしっこが出にくい
・おしっこが近いまたは出過ぎる頻尿;出る尿の量も回数も多い(多尿)
・一回の出る尿量が少ないが回数が多い (膀胱容量の減少)
・おしっこが漏れる尿失禁、尿の切れが悪い

血尿
症状のない血尿は、泌尿器科の「カゼ」症状といって、いろんな病気が潜んでいる可能性 があります。症状がないからといって放置せず、症状がないときほど必ず受診が必要です。血尿といっても尿中の赤血球の型が色々あります。糸球体性、非糸球体性かを判断して、内科疾患か泌尿器科疾患か予測できます。かかりつけの先生に相談の上、専門医を受診してください。

肉眼的血尿、顕微鏡的血尿、症候性血尿と無症候性血尿

尿路感染症
繰り返す尿路感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎)は、要注意。安易に薬物治療を繰り返さず、早めに専門医の検査を受けましょう。隠れた原因疾患があることが多いです。
小児泌尿器科
小児の昼間の尿漏れは、長引く夜尿、繰り返す膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症は先天性の原因があることが多いため、泌尿器科専門医の受診が必要です。

尿路感染症、遺尿症(昼間の尿失禁、夜尿症)、急性陰嚢症(精索捻転症、精巣、精巣上 体炎、ソケイヘルニア、陰嚢水腫、精索水腫)

診療内容

当科は奈良県西和地区で唯一、入院施設の整った総合病院の泌尿器科として恵まれた環境にあります。この利点を生かし、西和地区における泌尿器科疾患の中心的かつ先進的治療の担い手であると自負し、日々診療にあたっています。当科で診療する主な疾患は以下の通りです。血尿、排尿時痛、尿失禁など排尿に関してお悩みのある方や検診で泌尿器科受診をすすめられた方などはどうぞお気軽にご来院下さい。

尿路性器腫瘍

副腎腫瘍、腎臓癌、尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣癌、陰茎癌、後腹膜腫瘍など

尿路結石

腎臓結石、尿管結石、膀胱結石など

感染症

腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、精巣上体炎など

排尿障害

前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿道狭窄、尿失禁、過活動膀胱など

小児先天性疾患

陰茎異常、陰嚢水腫、停留精巣、水腎症、膀胱尿管逆流症など

診察手順

採尿

検尿用の尿を提出し、症状について簡単なアンケートに記入していただきます。

診察

診察室へ入っていただき、問診のあと診察をします。

検査

その後必要に応じ超音波検査、残尿測定検査、レントゲン撮影、血液検査などを行う場合があります。

診断・治療

以上の診察や検査結果にもとづき、できるだけその日のうちに診断結果及び治療方針を説明させていただくとともに迅速な治療の開始に努めています。

スタッフ

医師名 職名 専門医 専門分野
大山 信雄 部長

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析医学会認定医・指導医

泌尿器腹腔鏡技術認定医
医学博士

一般泌尿器科

泌尿器悪性腫瘍手術
排尿障害
血液浄化関連手術

橋村 正哉 医長 日本泌尿器科専門医 一般泌尿器科
田中 洋造 非常勤 一般泌尿器科

施設認定

  • 日本泌尿器科学会専門医基幹教育施設
  • 日本透析医学会教育関連施設

診療実績(平成26年度)

  • 年間手術件数:404件
  • 腎尿管腫瘍に対する手術:14件(内、腹腔鏡手術7件)
  • 膀胱癌に対する手術:60件(経尿道的手術56件、膀胱全摘除術2件、膀胱部分切除術2件)
  • 前立腺癌に対する手術:8件
  • 前立腺肥大症に対する手術:29件
  • 尿路結石に対する手術:12件
  • 腎不全に関連する手術:44件
  • 小児関連手術(形成術、内視鏡手術、精巣固定術など):10件

各種疾患の治療目標

尿路性器腫瘍

早期の腫瘍に対しては腹腔鏡手術に代表される低侵襲手術を、比較的進行した腫瘍に対しては手術のみではなく抗がん剤治療や放射線治療を組み合わせることでより根治性の高い治療を心がけています。

排尿障害をきたす疾患

高齢者の増加に伴い男性では前立腺肥大症による排尿障害が、女性では尿失禁や尿意切迫といった過活動膀胱を疑う患者さんが増えています。前立腺肥大症の患者さんに対してはガイドラインに沿った薬物治療や内視鏡手術を行い、女性の排尿障害患者さんに対しては専門医が適切な薬物治療と生活指導を行っています。

尿路結石

保存治療か手術治療かを判断し、手術治療の場合は体外衝撃波結石破砕術または内視鏡を用いた、より確実性の高い手術を選択しています。当センターには結石破砕装置がないため、近隣施設と密接に連携しながら治療にあたっています。

小児の泌尿器疾患

陰嚢水腫や停留精巣に対する形成手術だけでなく小児の尿失禁、尿路感染症などに対しても先天的異常の有無を精査し、内視鏡手術、形成手術などの治療を行っています。

慢性腎不全

当院では血液透析のみでなく腹膜透析も積極的に行っており、透析関連手術の依頼が数多くあります。当科ではこれらの依頼についても最良の手術方法で応えるようにしています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0745-32-0505

PAGETOP
Copyright © 奈良県西和医療センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.