心臓血管外科 
-疾患・治療-

こんな症状はありませんか

このような症状があれば受診をお勧めします。

 

■ 息切れ

■ 胸痛

■ 胸部不快感(坂道を上ると息が切れる。動悸がする)

■ 腹部に拍動性の隆起物が触れる

■ 近医でのエコーやレントゲンで動脈瘤が疑われた

■ 下肢が冷たい

■ 歩くと足が痺れる。痛くなる

■ 足の色が悪い

■ 突然、足が動かなくなった。冷たくなった

■ 下肢に静脈がこぶのように見える

■ こむら返り

■ 下肢のかゆみ

 

 

治療について

心臓血管外科では心臓および血管に対する外科治療を行います。
循環器内科医とともに的確に診断し、外科手術が必要な場合は迅速に対応させて頂きます。

 

 

■ 狭心症・心筋梗塞に対する外科治療

心臓血管外科専門医が迅速に対応し、早期に手術が必要な場合は、緊急手術にも対応しています。

 

■ 弁膜症に対する外科手術

  1. 大動脈弁狭窄症:近年、高齢者の大動脈弁狭窄症の患者さんが増加傾向で、生体弁を用いた大動脈弁置換術を行います。
  2. 僧帽弁閉鎖不全症:僧帽弁閉鎖不全症に対しては、できる限りご自身の弁を温存し、人工弁を用いない形成術を行っております。
  3. 大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、三尖弁閉鎖不全症:弁膜症の原因に合わせて、適切に判断します。
  4. 心房細動:弁膜症に合併することが多い心房細動に対しては、メイズ手術を行い、正常なリズムに戻します。これにより脳梗塞のリスクを減らすことができます。

 

■ その他の心臓手術

心房中隔欠損症、心臓腫瘍等の心臓手術も行います。

 

■ 動脈瘤に対する外科治療

胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤:主に動脈硬化が原因となり、大動脈が拡大してきます。症状はないことがほとんどですが、破れると致命的となります。これに対しては、人工血管置換術を行い、破裂を予防します。
また、近年は放射線科と連携して、カテーテル治療(ステントグラフト内挿術)を行っております。これにより、より身体への負担は減らすことができます。さらにハイブリッド手術室も新設予定ですので、さらに治療範囲を広げていけると考えています。
急性大動脈開解離:多くの場合が緊急手術の適応であり、迅速に対応させて頂きます。
末梢動脈瘤:大動脈以外の動脈瘤に対しては、それぞれの状態に合わせて、治療を選択します。

 

■ 閉塞性動脈硬化症に対する外科治療

下肢のしびれ、疼痛、歩行時の下肢のだるさは血管の狭窄や閉塞が原因となることがあり、これに対してはバイパス手術、カテーテル治療を循環器内科医とともに治療していきます。バイパス手術、カテーテル治療を同時に行い、より血流を良くすることもできます。

 

■ 急性動脈閉塞に対する外科治療

心房細動等が原因となり、突然四肢の血管が血栓により閉塞し、血流が低下することがあります。これは緊急手術の適応となり、迅速に対応させて頂きます。

 

■ 下肢静脈瘤

下肢のむくみや静脈の蛇行に対して、外科手術を行います。
さらに、レーザー治療も導入を予定していますので、さらに侵襲を少なくできると考えています。

 

診療受付のご案内

TEL 0745-32-0505

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土曜日,日曜日,祝祭日,年末年始)

■ 受付時間

午前830
 午前1100