整形外科 
-疾患・治療-

このような症状の方へ

このような症状があれば受診をお勧めします。

 

■ 安静後の動き始めに関節が痛む

変形性関節症の可能性があります。

 

■ 打撲や捻挫の痛み、腫れが4~5日しても治らない

骨折や靭帯損傷の可能性が有ります。

 

■ 動作時に膝関節が引っかかる感じ、ズレる感じがする

半月板損傷の可能性があります。

 

■ 朝起きてしばらくの間、両手指がこわばる。あちこちの関節が痛くなってきた、腫れてきた

関節リウマチの可能性があります。

 

■ お尻から下肢の後面に痛みが走る、下肢の一部がしびれる

腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

 

■ けがもしていないのに手や足が腫れてきた。背中や臀部に腫れ物が触れる

骨・軟部腫瘍の可能性があります。

 

 

診療・手術について

当科においては3名の整形外科常勤医により、専門的医療を受けて頂いております。初診時は、地域の医療機関などより紹介状を持参して頂ければ、効率的に診察を受けて頂けます。また、整形外科のあらゆる疾患に対して専門的医療を受けて頂けるよう、奈良県立医科大学など関連施設との協力体制を構築しております。それにより、慎重かつ多角的な検討のもと、必要な症例に対し手術治療を行っております。

 

膝(ひざ)関節や股(こ)関節をはじめとして体内の関節に、痛みが出現し、歩行などの日常生活に障害が生じることがあります。特に近くのお医者さんで治療してもらってもよくならないときや、痛みが強く不安なときなどは、お気軽にご相談ください。

 

当センターでは、重度の関節疾患でお悩み患者さんに、下記手術を数多く受けていただいております。

 

 

■ 人工関節手術

全国の施設で様々な方法で行われていますが、当科ではよりよい手術成績を得るために、積極的に新しい技術を採用しております。また、奈良県の工学施設と共同して、人工関節の設置位置、デザインに関する検討を行っております。

 

症例によっては、患者さんの負担が少ないよう、小さな傷で手術が可能な、最小侵襲法(MIS 法)により行っております。

 

人工膝関節手術では、人工関節を長持ちさせるために、靱帯組織のバランスを測定し、調整したうえで、人工関節を設置する方法を採用しております。

 

人工股関節手術では、脱臼を防止するために、筋肉および関節組織を温存、再建する方法を採用しています。

 

人工関節術後の患者さんに関しては、希望に合わせた入院リハビリのスケジュールを選んでいただけます。希望に反して早期退院をせまられる心配がありません。

 

自己血輸血(手術前に患者さん自身の血液を採取して術後に返却すること)を採用することにより同種血輸血(他人の血液を輸血すること)を避けるように工夫しています。

 

 

■ 関節鏡手術

関節鏡手術は、関節内に小さなカメラを挿入して行う、低侵襲手術です。とくに膝(ひざ)関節に対しては、半月板の損傷、関節炎、関節内骨折に対する治療や前十字靱帯損傷などの診断のために、数多く行っております。

 

足関節、手関節などに関しても、種々の疾患に対し、関節鏡視下手術および検査を積極的に行っています。

 

 

■ 靱帯再建手術

膝(ひざ)関節の前十時靱帯、足関節(足首)の外側靱帯、肘(ひじ)関節の側副靱帯などの再建術を行っております。また膝のお皿が抜けやすい方(膝蓋骨脱臼)に対する靱帯再建手術も行っております。再建術は、症例によって、適切な術式を選択して行います。手術後は必要に応じて、理学療法士、作業療法士によるリハビリ治療を行います。

 

リウマチや関節症による変形により、手関節・指の痛みが強くなったかに、関節形成手術を行っています。くすりやサポーター、注射などで痛みが引かない方は、どうぞご相談ください。専門医による治療を受けていただけます。

 

手の神経(手根管症候群や肘部管症候群)や腱鞘炎(手関節、ばね指)などの手の外科分野の手術例も数多く行っております。

 

外反母趾による痛み、足の裏のたこ、ゆびの重なりなどによりお困りの方は、ご相談ください。外反母趾に対する手術は、様々な症状に対し、適切な術式を選択し、専門医が行います。

そのほか足首あしに痛みがあったり、扁平足でお困りのかたも、ご相談ください。

 

椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症頸椎症などのなかで神経症状(痛み、しびれ、麻痺)の強い方に対し、手術を行っています。症例によっては、奈良県立医科大学など関連施設の協力のもと、治療を行っております。

 

骨折のうち、大きくずれているタイプや、関節内の骨折に対しては、手術療法(観血的手術)が中心となります。適切な診断の上、早期の手術を検討いたします。

 

関節リウマチの治療は近年画期的に進歩しています。当科では、従来の内服(飲み薬)に加え、免疫調節剤や生物学的製剤の注射により早期に炎症をコントロールし、関節破壊の防止に努めています。近くの病院で治療してもらっていて、痛みが続いている方など、どうぞご相談ください。又、薬物治療によって治りにくいときは、必要に応じて手術を行っています。

 

 

主な手術

  • 人工関節置換術
  • 骨・関節外傷観血的整復術
  • 手の手術
  • 関節鏡手術 (膝・足関節)
  • 股関節人工骨頭置換術
  • 外反母趾、足の手術 ほか

 

 

診療受付のご案内

TEL 0745-32-0505

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土曜日,日曜日,祝祭日,年末年始)

■ 受付時間

午前830
 午前1100