病院長挨拶

奈良県西和医療センター院長の横山和弘です。

当院は、昭和54年4月1日、奈良県立三室病院として開設されたのがスタートで、奈良県西和地域(三郷町、平群町、斑鳩町、安堵町、王寺町、上牧町、河合町)の基幹病院として発展してきました。平成26年4月、地方独立行政法人奈良県立病院機構に運営が移行され、奈良県総合医療センター(旧奈良県立奈良病院)、奈良県総合リハビリテーションセンターと共に病院部門が統合されると同時に、「奈良県西和医療センター」と改称されました。

 当センターは病院数300床(ICU4床、CCU4床、一般病床292床)22診療科を有し、320列全身用CT、3テスラMRI、最高画質の血管撮影装置をはじめとする最新の医療機器を備えた急性期病院です。当センターの特徴は、まず第1に高度医療の提供です。すなわち循環器内科医11人と心臓血管外科医3人が密接に連携して治療に当たる「集学的循環器病治療センター」、消化器内科医6人と消化器外科医6人が協力して治療に当たる「消化器がん低浸襲治療センター」、将来の高齢者人口増加を見据えた整形外科医中心の「人工関節センター」などです。第2には、できるだけ断らない救急医療です。特に心血管系の救急は、24時間365日対応の体制を構築しています。さらに第3には、このような高度医療、救急医療に基づいた医師臨床研修にも力を入れていることです。

 私は、平成28年10月1日より、当センターの病院長として着任させていただき、当院の医療レベルは他のどの病院にも引けをとらないものと確信しました。奈良県立病院機構の基本理念は「“医の心と技”を最高レベルに磨き、県民の健康を生涯にわたって支え続けます」であり、また、当院独自の基本理念は「患者さんを家族のように愛する」「いい医療をより多くの患者さんへ」であります。これらの理念を実践し、患者さんが患者さんを連れてくるような病院を目指しています。

 

平成30年4月1日

奈良県西和医療センター 病院長 横山和弘

診療受付のご案内

TEL 0745-32-0505

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土曜日,日曜日,祝祭日,年末年始)

■ 受付時間

午前830
 午前1100