患者さんを家族のように愛する。いい医療をより多くの患者さんへ。奈良県生駒郡三郷町に位置する県立総合病院です。

皮膚科・形成外科

皮膚科・形成外科

はじめに

皮膚科、形成外科とも各学会認定の専門医が診療致します。 皮膚は環境(外界)から絶えず影響を受け、様々な症状(皮疹)を生じます。 また、「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、様々な内臓疾患に伴って皮疹が生じます。皮疹の発症・増悪要因を探り、除去するためには、問診などを通じて患者さんからいただく情報がとても大切です。 当科では、患者さんとともに考える診療を心掛けています。
形成外科診療につきましては、診療内容の項をご覧ください。 顔面などの腫瘍の治療にも、なるべく傷跡や機能障害を残さない形成外科手術を行っております。
当センターでは、病診・病病連携を行っております。 かかりつけ医の先生にご相談の上で来院されますとスムーズに受診して頂くことができます。 なお、美容目的の医療行為は行っておりませんのでご了承ください。

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
一診 横井 横井 横井 前田
(午前)
横井
二診 前田
(午前)
葛城
(午前)
有馬 有馬
三診 有馬 有馬
(午前)
有馬
(午後)
二診
※形成外科
(午後)
担当医
形成外科
(午後)
担当医
形成外科
(午後)
外来受付:午前8時30分~午前11時00分まで(予約、急患を除く)
※月曜日と金曜日の形成外科は午後2時からです。初診、予約外診察の受付時間は午後1時から午後3時となります。

診療内容

当科では、皮膚科疾患全般にわたり診療を行っております。身体を覆う皮膚は外界からの影響を絶えず受け、様々な皮膚疾患が生じます。また、内臓疾患に伴い皮膚症状が生じることもあります。必要に応じて詳しい問診・血液検査・パッチテスト・皮膚生検などを行い、皮膚疾患の診断および治療を進めていきます。また、形成外科専門医と連携して、皮膚腫瘍などの外科治療を行っております。乾癬や爪白癬に対する内服療法も取り入れております。合併する内科疾患や併用薬などにより内服していただけない場合もございますが、乾癬や爪白癬でお困りの患者さんはお気軽にご相談ください。
形成外科専門医による外来診察は毎週月・金曜日に行っております。形成外科とは、先天的または外傷・手術で変形したり失われた皮膚などの組織を、機能の回復だけでなく形も正常に近い状態に再建し、社会生活の質(QOL)の向上に貢献する専門外科です。形成外科で扱っている具体的な疾患は以下の様なものがあります。
  • やけど
  • 顔の骨折、外傷
  • 口唇口蓋裂、小耳症、副耳、多合指症、臍突出(でべそ)などの先天的な異常
  • ほくろ、あざ、血管腫、粉瘤、脂肪腫などの母斑、良性腫瘍
  • 皮膚ガンなどの悪性腫瘍
  • きずあと、ケロイド
  • 床ずれ、皮膚潰瘍
  • 下肢静脈瘤
  • その他:顔面神経麻痺、眼瞼下垂、逆まつげ、陥入爪・巻き爪、腋臭症など
このような疾患に対し、手術だけでなく薬や装具などを用いた治療も行っております。 上記以外にも対象となる疾患がありますので、わからないときは一度当科外来までご相談ください。

 

スタッフ

医師名 職名 専門医 専門分野
横井 祥子 部長 日本皮膚科学会専門医 皮膚科全般
有馬 亜衣 専攻医 皮膚科全般
萬木  聡 非常勤 日本形成外科学会専門医 形成外科
大上 明美 非常勤 日本皮膚科学会専門医 皮膚科全般
前田 真紀 非常勤 日本皮膚科学会専門医 皮膚科全般
葛城 麻実子 非常勤 日本皮膚科学会会員 皮膚科全般
中西 崇詞 非常勤 日本皮膚科学会会員 皮膚科全般
佐々木 智賀子 非常勤 日本皮膚科学会会員 皮膚科全般

 

診療実績(平成23年)

手術件数  489件
皮膚悪性腫瘍切除及びその再建手術: 20件
下肢静脈瘤手術: 15件
糖尿病性、虚血性足壊疽に対する手術:24件
熱傷に対する手術:6件
褥瘡に対する手術:11件
顔面骨々折に対する手術:2件 など

お気軽にお問い合わせください TEL 0745-32-0505

PAGETOP
Copyright © 奈良県西和医療センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.